【カノックスター】カノくんは英語ペラペラ!?その勉強法は?使った参考書やオンライン英会話について【留学なし】【英語勉強法】

モッパンや独特な喋り方、絶妙に汚い食べ方が癖になるYouTuberカノくん、

日本語は語彙力がないことで面白がられていますが、なんと英語がペラペラなんです!

留学経験もないそうです。どのように勉強したのでしょうか?

カノくんがしていた勉強法や使った本についてまとめました!

スポンサーリンク




この投稿をInstagramで見る

Kano(@kanockstar)がシェアした投稿

カノくんの英語力

TOEICの点数:850点

大学1年の頃の最初のテストでは300点代前半だったそうです!!!

英語のクラス分けでも一番下のクラスだったそうです。

そこから留学もせずに家でだけ勉強してここまで伸びたのはすごいと思います。。

IELTS:6.5

TOEICで850とってからIELTSの勉強を本気でやったので

今ならTOEICも、もっといけるかも…と言っていました。

TOEIC 850点もIELTS 6.5もだいぶすごいです!!

スポンサーリンク




勉強法

①毎日英語に触れる。

最初は一日5分でOK。

最初から1日1時間とか気合を入れると続かないので、

5分でもいいから、ハードルを低くして、

続けやすいようにしたそうです。

5分でも10分でもいいから1ヶ月、2ヶ月と続けると

成長を感じられる瞬間があり、

楽しくなってくるそうです!

成長を感じて楽しくなったタイミングで

英語に触れる時間を30分とか1時間とかに伸ばしていくといいそうです!

②文法・基礎の勉強

カノくんは最初は英語の文法とかの勉強とかはしなくても

喋って伸ばせばいいと思っていたそうです。

しかし、!

会話すると英語を聞けるようにはなるけど、

自分が話すときに文法や単語ができないと、言葉が出てこないそうです。

このため、カノくん的には

文法や語彙を勉強して基礎から固めるのは重要だそうです。

③英語でひとりごと・オンライン英会話

やはり勉強だけではなく、

アウトプット、喋らなければ話せるようにはならない!

ということで、

カノくんは留学経験はありませんが、

英語のひとりごと

オンライン英会話で会話することにより喋れるようになったようです!

スポンサーリンク







使った参考書

Grammer in USE  intermediate” (アメリカ英語版)

毎日最低5分

Grammer in USE

初級(Basic)中級(Intermediate)

があります。

カノくんが使っていたのは中級Intermediateです。

しかし、最初はぜったい初級Basicがオススメらしいです。

全部英語で書かれている!

でも、

小学生で習うような簡単な英語で書かれているため、ちゃんと理解できるそうです。

英語の組み立て方を

簡単な英語と絵で説明されているため、

日本語を英語に直すやり方ではなく、

英語で理解してそのまま英語を組み立てられるようになるそうです!!!

※ちなみにGrammer in USEは多くの種類があります。

イギリス英語版、アメリカ英語版、日本語版

初級、中級、上級、

解答つき、解答なし、

CDつき、CDなし

などなどです。

種類により値段がかなり違うので購入の際は種類をよく確認して間違わないようにご注意ください!

日本語版は、中身は日本語で説明されていますが、

カノくんのオススメポイントは

説明が英語で書かれている点であるため、

英語版を選ぶのがオススメということですね。

カノくんが使っていたのは、アメリカ英語版の中級編(Intermediate)です。

カノくんがオススメしているのはアメリカ英語版の初級編(Basic)です。

カノくんが使っていた物のCDありなし、解答ありなしは不明ですが、

個人的に解答はあった方が良いと思います。

Amazonや楽天では

”with Answer”“without Answer”という表記がありますので

しっかり確認して購入した方が良いと思われます。

CDやeBOOKがついているもの、ついていないものも選べるようです。

とにかく種類が多いので

購入の際は「Grammer in USE 種類」で検索して

どれにするか検討してみることをオススメします!

スポンサーリンク




※TOEIC専用の参考書は一切使っていないそうです。

喋れるようになりたい、英語力をつけたいという理由からだそうです。

TOEICは参考書で勉強しまくれば点数はとれるようですが、喋れるようになるか、使える英語が身につくかは微妙なようです。

使ったサービス(オンライン英会話)

カノくんが実際に使っていたのは

オンライン英会話で大手の

DMM英会話です。

月額6000円ちょっとで、

1回25分毎日Skypeで世界中の英語の講師と英会話ができるサービスです。

お金を払うことによりモチベーションにもつながりそうですね!

また、

カノくんがYouTubeの動画で提供でで紹介していたのは

Cambly というオンライン英会話サービスです。

CamblyはDMM英会話とは違い、

・講師が100%全員ネイティブ、(アメリカやオーストラリアが多い(他のオンライン英会話はフィリピン講師が多い))

・Skypeを使わないでアプリを使うため、スマホでできる

・授業が自動的に録画されて保存されているので後から見返せる

・授業中にチャット機能があり、翻訳機能がある

・予約不要(予約もできるけど)

・講師の自己紹介が動画で見られる

私の印象は、

DMM英会話は圧倒的に安い

Camblyは少し高いが全員ネイティブめっちゃ良い、アプリが使いやすい、録画機能、チャット、翻訳機能最高

といった感じです。

スポンサーリンク




英語関係の動画

➡英語の勉強法について

➡Camblyの紹介と、がっつり英語喋る

スポンサーリンク




まとめ

カノくんがしたこと

①毎日英語に触れる

②Grammer in USEで文法や英語の基礎を勉強

③英語で独り言を言う

④オンライン英会話

です。

勉強によるインプットと喋ることによるアウトプットを組み合わせて

留学なしで家で英語力をTOEIC300点レベルから850点まで伸びたということです。

すごい!説得力がありますね。

説得力がありすぎて、

私もGrammer in USE買って、Cambly申込みしちゃいました。

がんばろうと思います!(笑)